思い出の振袖を、親子二代で着れた幸せ

娘が成人式を迎える数年前から、振袖のカタログが良く家に届くようになりました。カラフルな写真は見ていてもウキウキしてきます。
娘には、どんな柄が似合うかしら…と親も楽しみです。娘に、どんな振袖が良いの?と尋ねると、娘は「私、お母さんの振袖が着たいなぁ~」と。
思いもかけない返事が。私の振袖は、娘にとって祖父母にあたる私の両親が買ってくれたものです。
古典柄で、流行りはないもののやはり昭和っぽい感じが…
「本当にお母さんので良いの?」と聞くと「お母さんのが良いの」と嬉しい言葉。優しい娘に育ってくれたと嬉しくなりました。
私の母も、今は亡き父と一緒に選んだ、思い出深い着物がもう一度晴れ舞台に出ることを喜んでくれました。
帯揚げと帯締め、伊達襟を新調すると、着物の雰囲気もぐっと変わりました。小物つかいでイメージを替えることが出きるのは、着物の良いところですよね。
すっかり今風になった振袖は、親バカですが、娘にとっても良く似合っていました。

コメントは受け付けていません。